知られざる質屋の世界image
どんなものなら質屋に持っていける?

サッカー日本代表の試合を見ました。

例の質屋に行くキャバクラ嬢はテニスだけではなく、スポーツ全般が好きなようで、よくその話をしてくれます。

その話をしているときに思い出したのが、フランスW杯の為に無職になった友人でした。

サッカーのプロリーグ発足してから日本が初めて世界の大舞台に立ったのがフランスで開催されたW杯で、全国のサッカーファンが熱狂していました。

◆関連記事⇒https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20170602/595420.html

友人は当時公務員だったのですが、あの瞬間にどうしても立ち合いたかったが、休みが取れなかったから辞めたと言っており、当時その話を聞いて驚いたものです・・・。

そうして彼は無職になったわけですが、W杯が終わってから、暫くして無事再就職をしていました。

貯金が無かったわけでもないですし、凄くお金に困ってはいないようでしたが、質屋に行ったりはしていたそうです。

男が持っているもので、質屋でもそれなりの値段で売れるものと言ったらゴルフ用品やブランドの時計、あとは家電・・・。

友人はゴルフ用品あたりを質屋に持って行ったようです。

キャバ嬢のように未使用の高級ブランド品ではなく、中古のゴルフ用品を質屋に持っていっているので、金額は微々たるものだったと思いますが・・・。

それでも纏めて売れば纏まった金額にはなったかもしれません。

査定額はどうあれ、今でも友人は質屋に行くそうです。

不要になったもので、それなりに高値がつくものなら捨てるよりは売った方がいいと言っていました。

その通りだな、と思ったので私も今度質屋に持って行けそうなものがあれば、持って行きたいと思います。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント